恋愛心理学ガイド

自分に似た相手に魅力を感じる心理

マッチング仮説

 

パートナーを選ぶとき、
自分に似た人をパートナーに選ぶ傾向があるといいます。

 

たとえば、趣味やルックス、ファッションの好み等、
お互いに似通った人が多いと結びつきやすいようです。

 

これを、マッチング仮説といいます。

 

類似性の法則

 

育ってきた環境や価値観、宗教観、娯楽、態度等が似ていると、
お互いに惹かれやすく、話も合います。

 

とはいっても、出会った瞬間はお互いのことが分かりません。

 

ですが、何かしらお互いの類似点を見出して親近感を得ることで、
相手との距離が縮まっていきます。

 

これを、類似性の法則と言います。

 

類似性の法則には、性格や興味、趣味、価値観などが似ている人と付き合いやすい、
自分と態度が似ているので、相手の行動が予想しやすく同意も得やすい、
相手に合わせる心理的負担が少なくて済むというような特徴があります。